渋谷地区連盟・交流ハイク  2013年11月17(日)                    

                                           

 

奥多摩・愛宕山(507m)

 

 

紅葉・温泉・河原で焼きそば、ポトフー

       深まりゆく秋の奥多摩・河原で交流会

大久保・菅野(雅)・菅野(眞)・加藤(道)・谷藤・石田・石井・山本・堀米・福原・河西・中元・加藤(茂)

照屋・(照屋さんの子供・ひろき君)曽我(青年部部長) 16

 

 

1117日(日)JR新宿駅午前730分集合。ホリデー快速おくたま1744分発に乗車。秋晴れに恵まれ大勢のハイカーで電車は満員。奥多摩駅に915分着。愛宕山登山口で参加者の自己紹介とコース・交流会の説明。準備体操をして出発。今回、2回目参加の照屋さんの息子5歳(ひろき)君はとても元気。愛宕山への急な階段(188段)で菅野(雅)バテ気味。愛宕神社11時到着。赤や黄色に紅葉した奥多摩集落や山々を堪能しながら氷川神社へ下山。スーパーで交流会の食材や飲物を買い出し神社下の河原へ。

先ずはビールで乾杯   188段の階段をバックに   照屋親子のポーズ

 

      焼きそば・ポトフー大好評

秋空に映える      紅葉吊り橋をバックに照屋ひろき君

 

河原で交流会の準備、みんなで手分けして焼きそば作りのチーフは菅野雅夫さん、サブは谷藤さん。口ほどに手も体も良く動く。ポトフーは河西さん、中元さんが中心。食材の調理は石井さん、山本さんと手際よく美味しく出来上がりました。盛りつけは福原さん。乾杯の音頭は大久保会長。ポカポカ陽気の河原で真っ赤に色付いた紅葉と奥多摩の清流の音を聴きながら飲んで食って景色も最高の気分で交流会を行ないました。初参加の山本とよさん、青年部の曽我さん、久々振りの加藤(道)さん、加藤(茂)さん、中元さん、そして、照屋親子。大変お疲れさまでした。

 2時間程交流会をして温泉組みと帰京組に別れ1330分解散。温泉組みは大久保会長、菅野夫妻、加藤(道)、加藤(茂)、福原の6名が町営温泉「もえぎの湯」へ。混んでいましたが直ぐ入浴できました。

 照屋親子は奥多摩で紅葉を楽しみながら吊り橋をわたってカヌーに乗って来たと言っていました。

 

 交流ハイクは無事終える事が出来ました。来年も宜しくお願いいたします。

2013年11月30日(土)・12月1日(日) 1泊2日

           2013年 忘年山行

   身延線沿線・思親山(1,030m)・身延山(1,153m

 

参加者:大久保・土屋・藤岡・大須賀・山本・吉野・加藤(茂)・高野・阿曽・片岡(佳)・石井・小島                   12名

 

 1130日(土)午前8時に立川駅に集合し3台の乗用車で身延線沿線の思親山へ向かう。大月ICから河口湖に出て富士5湖を巡り旧上一色村を通って佐野峠1240分着。峠から40分程登って思親山(1,030m)、秋晴れに富士山が大きく聳え立つ。山頂で、なめこ汁を食べ下山。

 佐野峠を後にし途中で今夜の食材や飲物を買い出し今夜の宿、奥山温泉へ向かう。3時過ぎに温泉。早速、夕食の準備に取り掛かる。会長の鍋料理、焼きそば、山本さんの肉料理をみんなで手分けして調理。ひと通り宴会の用意が出来、「こまくさ山の会」貸し切り温泉に浸かり宴会へ突入。会長の音頭で乾杯し超豪華な料理、鍋はキムチうどん料理、肉料理は鳥肉骨付きお酢でじっくり炒め香ばしい。肉で柿を包みフライパンで揚げ特製のタレを付け抜群の美味しさ。川のせせらぎを聞きながら静かな山奥に宴会が遅くまで続きました。

 121日(日)起床6時、朝風呂に入り、朝食を取って8時に身延山へ向け出発。駐車場には9時前に着く、久遠寺の急石段288を登りロープウエー駅へ。当日は修行走大会で36kmの山道を駆け抜けるイベントがありました。私たちは7分で身延山山頂ロープウエー。奥之院と北展望台からは南アルプスや八ヶ岳が眺望出来ました。下山は修行走のゼイゼイ、ハ―ハを励ましながら幾つもの寺を見て駐車場へ。

 金山探検ツアーを止めて甲府盆地の高台温泉「もろみ温泉」へ直行。露天風呂からは南アルプス・八ヶ岳や甲府盆地が一望出来ました。帰りは農家産直の新鮮野菜を買い無事2013年度の忘年山行を終える事が出来ました。

 参加者のみなさん大変お疲れさまでした。又、会員のみなさん来年も元気に楽しく山へ一緒に行きましょう。

 河口湖~からの富士山         奥山温泉貸し切りで豪華な料理を

2013年 №350 11月号 秋山合宿 2013年10月19日(土)~21日(月)        2泊3日 那須連峰・茶臼岳(1730m) 磐梯山(1816m)

                        紅葉と温泉を歩く

                     日本百名山・茶臼岳山頂で

大久保・土屋・藤岡・小島・大須賀・谷藤・高野・石田・石井・有賀・堀米・阿曽・山本・

吉野広希・吉野ますみ・鴫原                     161019日(土)午前800分、JR荻窪駅に集合。東北自動車道で那須ICで降り登山口の那須ロープウエー駐車場に1130分着。50分発のロープウエーで山頂駅。昼食をとって、茶臼岳登山開始。先ほどまでガスっていた山も晴れて来る。火山礫の登山道は良く整備されていて登り易い。30分程で百名山・茶臼岳(1730m)登頂。山頂からは那須高原や朝日岳、吾妻連峰が眺望できた。記念写真を撮って、峰の茶屋に下り三斗小屋温泉へと向かう。避難小屋で休憩をとりダケ樺林を通って隠居尾根を巻き今夜の宿泊地、三斗小屋温泉大黒屋に16時到着。        

 

お膳で夕食                      山頂をめざし                 峰の茶屋を下って

                           温泉に浸かり楽しみの夕食

受付を済ませ離れ棟をまるごと貸し切る、早速、夕食がお部屋にお膳で運ばれビールで乾杯し楽しい宴会となりました。秋雨の音を聞きながら温泉に浸かり遅くまで親睦を深めました。

 1020日(日)午前6時起床。天気予報通り朝から雨、朝日岳登山を中止し下山を決める。朝食を食べ、のんびり朝風呂に入って8時に小屋を出発。真っ赤に色づいたナナカマドや紅葉に染まった山肌を見ながら、昨日、通った登山道を戻り峰の茶屋から峠の茶屋へ下り、那須ロープェイ―駅へ11時前に到着。

 JR那須塩原駅にレンタカーを借りに4台の車で向かう。帰京組の藤岡、大須賀、谷藤、阿曽、吉野夫妻の6名と明日、会津磐梯山への登山組10名は、ここ塩原駅で別れる。磐梯山組は土屋さんの車5名、堀米さんのレンタカー5名で元会員で福島に在住の高崎さんに会いに鏡石へ、新築祝いと激励をし、本日の宿泊地郡山へ、築120年の農家民宿「まかむらさんち」16時着。早速、近くの温泉へ向かい汗を流し、夕食は18時から大きな、ちゃぶ台を囲み盛り沢山の山菜料理を美味しく頂きました。専業農家の主人から原発やTPPの切実なお話を聞きながら遅くまで宴会が続きました。

                   会津・磐梯山・・宝の山よ

1021日(月)大久保、土屋、高野、鴫原、山本、石田、有賀、小島、堀米、石井さんの10名は磐梯山に向け7時出発。朝から秋晴れとなる。猪苗代湖を通って磐梯ゴールドライン猫魔八方台登山口830分。駐車場に車を置いて磐梯山に向け出発、中の湯で休憩し弘法清水から一気に磐梯山登頂1100分。霧の晴れ間から紅葉の五色沼や桧原湖が眺められた。記念写真を撮って早めに下山、駐車場には13時着。那須塩原駅でレンタカーを返して土屋さんの車6人と電車組4名が帰京。今回の秋山合宿を無事終えました。参加者の皆さん御疲れ様でした。

新鮮な野菜中心の食卓       農家民宿玄関前               磐梯山山頂

2013年 9月7日(土)・8日(日)1泊2日

 秩父連山 国師ヶ岳・北奥千丈岳・金峰山   

        アルペン的風格の山

          岩峰の金峰山山頂で 

大久保・土屋・藤岡・小島・大須賀・河西・谷藤・高野・(射場・武田)10名

 

 

97日(土)午前800分にJR立川駅北口伊勢丹前に集合。中央高速で勝沼インターで降り塩山市内スーパーで買い物をする。長い林道を登って大弛峠1215分着。小屋の受付を済ませテントを張って国師ヶ岳・北奥千丈岳を目指し出発。山頂まで木道階段、霧で視界が悪い中国師ヶ岳1420、北奥千丈岳1450登頂。下りは夢の庭園を通って大弛小屋。小屋組とテント組に別れ宿泊。土屋さんの知合いで石川県から参加された射的さん、武田さんを交え小屋で遅くまで宴会を行ないました。

      国師ヶ岳にて        秩父最高峰北奥千丈岳

            秋の気配を感じ

98日(日)午前5時起床。朝食をとりテントを畳んで金峰山を目指し午前6時出発。鬱蒼とした原生林を行く、朝日岳山頂近くの岩場で谷藤さんの登山靴の底が剥がれるアクシゼント発生、応急処置で何とか朝日岳810分登頂。相変わらず視界が悪い、鉄山を通って岩峰の金峰山に930分登頂。山頂では温かいコーヒー、みそ汁、葡萄、トマトをいただく。

 下山は元来た登山道を下る。昼近くになって青空が顔を見せる。大弛峠駐車場には昼前に着いた。峠を後にし「花かげの湯」温泉へ向かう。温泉で汗を流しさっぱりして塩山市内の産直物産で「葡萄や新鮮な野菜」を買って無事9月山行を終える事が出来ました。

八ヶ岳連峰・女の神山・・蓼科山へ

大久保会長、土屋さん、高野さん、石川県の射場さん、武田さんの5名は八ヶ岳連峰の蓼科山へ次の日に登る事が急遽決まり、藤岡、大須賀、谷藤、河西、小島さん達と分かれ伊那の土屋さんの実家へ向かう。

 途中で食材やお酒を買って土屋宅。早速、土屋さんのお兄さんを交え宴会となりました。

 99日(月)雲間から青空が見える。朝食後、畑で採れた新鮮な野菜をお兄さんから頂き大河原峠に向け出発。峠に9時過ぎ着。樹林帯を登って将軍平(蓼科山荘)ここから山頂までゴロゴロした岩場を一気に登り蓼科山(2,530m)11時前に登頂。

 大河原峠に戻り蓼科牧場を見学し白樺湖で石川県の射場さん、武田さんと分かれる。2人は明日、木曽御岳山に登る予定だと話していました。

 

 今回の国師ヶ岳・北奥千丈岳・金峰山・蓼科山に挑戦した、みなさん大変お疲れさまでした。10月の秋山合宿でお会いできることを楽しみにしています。

2013年 忘年山行

JR身延沿線・四尾連湖周辺の山

127日(土)8日(日)12

宿泊:四尾連湖・水明荘055ー

272ー1030

費用:宿泊+交通+交流=15,000円位

集合:JR立川駅北口伊勢丹前

時間:127日(土)午前800

 

詳しくは11月号でお知らせします。

2013年夏山合宿 8月2日(金)・3日(土)・4日(日)2泊3日

北アルプス・唐松岳・五竜岳

                    高山植物と大パノラマ

剣岳をバックに唐松岳山頂で:大久保・土屋・山本・小島・藤岡 5名

82日(金)午前800分にJR立川駅北口伊勢丹前に集合。中央高速で白馬八方尾根ゴンドラに向け出発。途中2カ所で休憩をし八方ゴンドラ駅に午後1時過ぎ到着。昼食を取りゴンドラに乗って第一ケルンへ、午後200分に唐松山荘に向け登山開始。天候は薄曇りで気温も18度前後、八方池を巡り高山植物のお花畑を楽しみながら丸山ケルンを通って唐松山荘午後540分到着。

 受付を済ませ個室へ、新築の部屋で乾燥器も常設されお大臣気分を味わう。2階の窓からは五竜岳が見渡せる。夕食後ささやかな宴会をし明日のご来光を願って早めに就寝。

    雲海にご来光を仰ぎ見る                             高山植物の群生

      オニユリの黄色が映える                            五竜岳山頂

夏山の醍醐味を存分に

8月3日(土)朝のご来光を見に午前4時起床、山荘前の広場から雲海に浮かぶ朝日を仰ぎ見る。朝食後唐松岳山頂に向け7時10分出発。山頂7時30分。白馬岳や剣岳、富士山、穂高、八ケ岳、浅間山と360度の眺望。山荘に戻り五竜岳を目指す、大黒岳の岩場を通って五竜山荘11時15分着。受付を済ませ空身で五竜岳へ向かう。途中、鎖場や岩場を慎重に登り山頂午後1時55分登頂。記念写真を撮って山荘へ下山。

 藤岡さんが五竜スキー場から遠見尾根を登って山荘で合流予定。夕食前に無事会えました。超満室の部屋で寝床を確保し早めに就寝。

 8月4日(日)深夜2時過ぎ若い女性の「やめて―!!」の大きな寝言、その後、皆眠れず寝不足のまま藤岡さんと大久保会長が午前4時雨の中懐電を点けて五竜岳へ出発。横殴りの雨、風をついて岩場を登り五竜岳午前5時20分登頂。山荘に戻り朝食。

雨の中一旦白岳に登り遠見尾根を下山、途中、鎖場が数カ所あったが無事通過しアルプス平駅に12時30分到着しました。ゴンドラで五竜とおみ駅に下りて藤岡さんの車で土屋さんの車を取に八方駅に向かい、その足で温泉へ、汗を流し爽快な気分で2013年夏山合宿を無事終える事ができました。参加者の皆さんお疲れさまでした。特に藤岡さんハードな登山ご苦労様でした。

2013年7月7日(日)   日帰り(歩程3時間30分)

ツツジ・スズランの美しい山 南アルプス・甘利山(1740m)

参加者:大久保・土屋・小島・藤岡・谷藤・阿曽                6名77日(日)午前800分にJR立川駅北口伊勢丹前に集合。参加予定の大須賀さんの姿が見えないが午前830分、土屋さん、藤岡さんの2台の車で出発。中央高速で韮崎市内を通って甘利山登山口林道をグングンと高度を上げ栗平を通って白鳳荘を左手に見ながら広河原駐車場160011時過ぎ到着。

 家族連れやカメラを片手に野草や風景を撮るハイカーも見受けられ、登山口から20分程登ると経塚のあづまやに到着。なおも登りツツジの群生地、時期的に既に遅く時折ポツリ、ポツリと申し訳なさそうピンクの花を見せてくれる。爽やかな風を受け木道を進み甘利山12時到着。

    ツツジの群生地                                            爽やかな風を受け

山頂で南アルプスや八が岳連峰を眺めながら昼食。初夏の陽射を浴びながら「ワラビ採り」ササやぶの中に沢山の「ワラビ」群生していた。ビニール袋を片手に沢山採れました。   

下山は鶯の鳴き声を聞きながら駐車場へ13時過ぎ到着。帰りは白鳳荘に寄り池を見て日帰り温泉へ向かう。夜又神峠へ向かう途中の村営温泉。少し小さめ温泉で汗を流しさっぱりして、中央高速で立川駅に明るい内に着きました。参加者の皆さん御疲れさまでした。ツツジ、スズランの情報を早めに確認して再度挑戦したい山でした。  

 

個人山行 717日・18日   こまくさ山の会・年金班

世界遺産の山・富士山(3776m)に挑戦

参加者:大久保・高野・石井・有賀・堀米・中島公平 6名             

717日(水)新宿西口BTに午前820分集合。840分発富士吉田口5合目行き乗車し5合目(標高2305m)に1010分着。1035分出発、6合目1115分着。天候は下り気味7合目1250分、参加者全員元気だ、8合目は1510分、白雲荘(3200m1600分到着。受付を済ませ相部屋へ、夕食はカレー、乾杯し早めの就寝。夜中に暴風雨、ツアー団体は明朝の山頂を中止し下山。18日(木)430分起床、雲海の朝日を見て535分出発。高野・石井・有賀さんここで下山。堀米さん、中島君、会長は山頂を目指す。9合目630分、山頂は7時45分登頂。お鉢巡りは強風で断念。815分下山、須走りコースを下り5合目BT1240分に皆と無事合流できました。中島君、堀米・有賀・石井・高野さんお疲れでした。若い中島君これからも参加してネ!!

2013年6月14日(金)・15日(土)・16(日)2泊3日 御座山・神津牧場・富岡製糸場 山元茂昭捜索と登山

御座山山頂参加者:大久保・大須賀・高野・谷藤    4名

614日(金)午前930分にJR東所沢駅に集合。大須賀さんの乗用車で途中から合流する谷藤さんを迎えに東松山の自宅へ向かい、関越自動車道を小海駅へ。お昼過ぎに到着。駅前食堂で食事し小海町議の的埜議員のご主人と待合わせ。的埜さんは地元の山岳遭難対策協議会で農家をやりながら遭対協の活動もしている。3年前の山元茂昭さんの捜索にもかかわりました。当時の状況やこれまでの経過を話し合い、今後、新たな情報提供とご協力をお願いしました。ちなみに的埜さんは労山会員とのことでした。

 小海交番へお礼する。今のところ山元茂昭さんに関する新たな情報はなしとのことでした。

長者の森コテージにて 御座山山頂付近のシャクナゲ

地元のスーパーで食料の買い出しをして南相木村教育会館へ向かい、挨拶とお礼を行ない、その後、山元が宿泊した相木荘へ、ご主人や女将さんに暖かいおもてなしを受ける。北相木村役場へもお礼を行ない、長者の森コテージへは午後3時過ぎ到着。6人用のコテージは清潔で綺麗でした。早速、夕食の準備、高原野菜中心の食卓です。ビールで乾杯し夕食を食べながら宴会へ、翌日の行動を考え早めの就寝。                         

 615日(土)午前5時起床。朝食を済ませ御座山栗生登山口へ車で移動、630分登山開始。新緑の唐松林を登り不動の滝730分。鎖場を通って御岳神社そして御座山830分登頂。

山頂からはガスっていて眺望は望めないが、シャクナゲの群生が白やピンクの花を咲かせとても綺麗でした。空模様もあやしくなってきたので早めに下山開始。途中数パーティーと出合う栗生登山口に1210分無事下山。滝見の湯へ車で移動、温泉に着くと同時に激しい豪雨。先ほど出合ったパーティーを気遣いながら温泉で汗を流す。農協で買い出しし長者の森へ、夕食の準備、野菜サラダとソーメンを中心にヘルシーな食卓。時折激しい雨の音を聞きながら遅くまで宴会をしました。        

日本初の神津牧場と世界遺産・富岡製糸場を見学

 

春山合宿・新島 5月10~12日

海水温泉・砂丘ハイキング

青い海・青い空・白い砂浜

若郷港フェリー発着所にて

 

参加者:大久保・吉野(広)・(ますみ)・大須賀・小島・加藤(由)・河西・石田 8名

510日(金)竹芝桟橋(東海汽船待合室)午前745分に集合。825分発のジェット船で新島へ向け出発。途中、大島、利島に寄港し新島港1135分着。港には新島青少年センターの方がお迎えに来ていた。センターで昼食、早速、白ママ層断崖へサイクリング。真っ青な海と白い砂浜を散策。漂流物でアートを作成、貝殻を拾い、湯の浜露天温泉に入浴。男女混浴で水着着用。大海原を眺めながらの露天風呂は最高でした。夕食は海の幸、山の幸が沢山出て最高でした。夜半から雨風が強くなり次の日の式根島は中止し新島を観光ドライブとする。

 11日(土)1日遅れで参加の加藤由美子さんと合流し大須賀さんの運転でドライブ、丹後山

湯の浜露天温泉で気分爽快                   白ママ層断崖で漂流物でアート

 

流人墓地、十三社神社、新島ガラスアートセンターなどを見学しました。最後に間々下温泉

(砂風呂)へ。生憎お客さんが沢山で順番待ち。しかたなく露天風呂で我慢しました。夕食後は部屋で交流会。

 12日(日)朝食前に雨上がりの快晴、向山へハイキング。2時間程のコース。その後、サイクリングをして海岸の島へ登頂。お土産の買い出し石田さんの娘(ゆうこ)の店で「クサヤ」を買いました。美味しい「鮨」を食べ出航の若郷港へ向かい午後2時20分の船で竹芝桟橋に。無事新島春山合宿を終える事が出来ました。皆さんお疲れさまでした。

 

2013年5月25日(土)・26日(日) 1泊2日 地元ガイドで山菜採りハイキング

伊 那(野草研究会)タラの芽・こしあぶら・わらび 天ぷら

 

 

616日(日)昨夜からの雨が続く、蓼科山登山を中止し神津牧場・富岡製糸場の見学へ変更。朝食後部屋の後片付けをしてゴミは所定の場所へ。車で捨てに行く、発車間際に古株に車を乗り上げ危機。幸いジャッキで移動でき無事脱出ヤレヤレ!!

 コスモス街道を通って牛の放牧、神津牧場へ美味しい牛乳や煮込みを食べました。牧場を後に世界遺産の富岡製糸場へ向かう。明治3年に建設された建築物や日本の近代化の幕開け機器製糸工場を見学しました。

 今回の御座山登山は山元茂昭さんが行方不明になって3年目を迎え新たな情報収集と地元関係者へのお礼を兼ねたものでした。残念ながら有力な情報が得られませんでした。今後とも引き続き捜索活動を行ないますので皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

参加者:大久保・吉野(広)・ますみ・土屋・藤岡・大須賀・谷藤         7

525日(土)立川駅北口に午前8時集合し中央高速で守屋山へ出発。当初参加予定者10名前後でしたが都合がつかず7名となる。登山口には12時到着。新緑に囲まれ春蝉の鳴き声を聞きながら1時間ほどで守屋山山頂。なめこ汁で昼食。下山時にはタラの芽や「ワラビ」を採って登山口の駐車場15時前に到着。高遠の温泉へ向かい汗を流し近場のスーパーで食材の買い出しをしてガイドの土屋宅。山菜天ぷら作り「タラの芽・ワラビ・こしあぶら」料理長・谷藤さん・監督は会長・サブ・ますみさんの大奮闘で最高の出来栄えです。夕食・大宴会は土屋さんのお兄さんを交え焼き肉・天ぷらで大いに盛り上がる。締めは「ソーメン」で田圃からカエルの合唱を聞きながら遅くまで交流しました。

 526日(日)朝食後戸倉山を目指し出発。戸倉キャンプ場8時過ぎ登山開始。白樺やブナ林の登山道を登り山頂には10時過ぎに到着。峰々に真っ白な残雪の中央アルプスや南アルプスを眺め滋賀県から来た山ギャルと記念写真。

信州伊那で生まれた木の笛

 戸倉キャンプ場へ下山し「寒天パパガーデン」で昼食。吉野夫妻の知合いでユカイナ倶楽部加納さん宅へ、、工房を見学し「木の笛」を演奏してもらう。みんなで「ユカイナ」木の笛を買いました。山で合奏します。

 見晴らしの湯で入浴し中央高速で無事帰京。今回の山菜ハイキングは天候に恵まれた楽しい山行となりました。秋には収穫祭やキノコ狩り、そして来年も計画したいと思っています。土屋さんには大変お世話になりました。

 

4月山行(お花見)4月14日(日) 里山に咲く桜の下で               五日市・浅間嶺(903m) 

参加者:大久保・吉野(広)・(ますみ)・福原・大須賀・有賀・谷藤・藤岡    8名 

4月14日(日)午前850分、武蔵五日市駅集合。バスで登山口の人里へ。大勢のハイカーで臨時バスも超満員。人里集落を1010分登山開始し新緑に囲まれた峠1115分到着。山頂近くの休憩所で山桜を見ながらお花見。焼きそば、おでん、お酒少々。記念写真を撮って上川乗バス停へ下山。途中、タラの芽やスミレ、カタクリを見ながらバス停1415分到着。つくしを沢山採って家計の食材にと吉野ますみ。福原さんは途中のバス停まで散策。大久保会長と吉野夫妻は瀬音の湯温泉へ。春本番は奥多摩の桜や新緑で山々を彩っていました。参加者の皆さん大変お疲れさまでした。5月は新島、伊那でお会い出来る事を楽しみにしています。 

 

上高地へスノーシュ 残雪の穂高 3月27日・28日(個人山行)

吉野さん、土屋さん、大久保会長、高野さんの4人で残雪の上高地へスノーシュにいってきました。1日目は新穂高からロープウエーで西穂高2メートルを超す白銀の世界へ。2日目は釜トンネルを通って大正池、河童橋を往復。快晴に恵まれ前穂、奥穂、西穂と素晴らしい眺めでした。帰りは釜トンネル入口でフキノトウを沢山採ってきました。

 

2013年3月17(日) 日帰り 関東平野の独立峰                     日本百名山 筑波山(875m)

筑波山・女体山御本殿山頂から関東平野を

参加者:大久保・吉野(広)・(ますみ)・福原・加藤(茂)・大須賀・阿曽・石田・石井・・   有賀・堀米                              11

317日(日)午前750分、秋葉原つくばエクスプレス改札口に集合し8時発の電車でつくば駅へ。9時前に到着、駅前からシャトルバスで筑波神社。参道を通ってケーブルカー駅。

 

        有名なガマの油売り講釈実演

神社の境内でガマの油売り講釈実演を見学しケーブルカーで山頂駅まで行く、男体山本殿まで岩道を登り11時山頂。記念写真を撮り女体山へ向かう。暖かい小春日和で家族連れや若いハイカーで混雑していた。

 女体山下の休憩場で昼食、手際良く定番の「なめこ汁」も出来上がり美味しくいただく。下山は表参道を下り2時前に筑波神社に到着。梅林園に行く人と温泉入浴組に分かれバス停で解散。梅園組に石田さん、石井さん、堀米さん、有賀さんの4名が見事な紅梅・白梅を見学しました。温泉組は吉野夫妻、大久保、福原、加藤茂、大須賀、阿曽さんの7名で青木屋ホテル展望台温泉入浴しました。

 参加者の皆さんお疲れさまでした。4月は浅間嶺お花見山行です、5月は春山合宿・新島と土屋さんの田舎(伊那)で山菜狩りです。多くの会員が参加されることを願っています。

 

王ヶ頭山頂から剣・立山連峰バックに

参加者:大久保・吉野・土屋・藤岡・有賀・阿曽・加藤(由)     7名

216日(土)午前700分、JR立川駅北口に集合し土屋カー、藤岡カー2台に分乗し岡谷IC向け出発。中央高速を順調に走っていたが途中、積雪のためチエン規制で渋滞にあったが和田宿午後1時過ぎ到着。昼食をしチエンを付け美ヶ原高原(山本小屋)を目指す。15時前に到着。受付けを済ませ早速、高原へスノーシューに出発。風もあり寒いマイナス15度位。

 

美しの塔で   パノラマコースを行く

山本小屋の豪華な夕食・絶景の風呂                             桜鍋(伊那馬肉)

 夕食まで美ヶ原パノラマコースをスノーシューハイキング。標高2000m以上の高原は最高の景色で私たちを迎えてくれました。

冷えた体をお風呂に入りポカポカになった所で午後6時の夕食。桜鍋を前にビールで乾杯。豪華な料理をいただき満足しました。部屋に戻り交流会。甘酒、地元特性お酒を飲み交わしながら吉野さん夫妻がニュージーランドトレッキングに行ってきた記録(ビデオ)を鑑賞しました。

217日(日)快晴。気温マイナス13度。朝食7時。830分にスノーハイキングへ山本小屋を出発。白銀の世界をハイキング「美しの塔」4「塩くれ場」を通って王ヶ頭ホテルを目指す。

王ヶ頭山頂(2034m)10時過ぎ到着。北アルプス、剣・立山連峰、中央アルプス、八ヶ岳連峰、南アルプス、富士山など360度の眺望。冬山の季節しか視ることの出来ない景色だ。

 3時間程スノーを楽しみ12時前に山本小屋。車で和田宿、温泉に入り昼食。中央高速で帰京。晴天に恵まれた二日間のスノーハイキングは無事終えることが出来ました。

                          記 大久保清次

 

2013年2月24日(日)   日帰り 早春の高尾ハイキング            高尾・草戸山(474m)

参加者:大久保・谷藤・高野・吉野(広)・(ますみ)・堀米・石井・石田・藤岡・菅野・    加藤(道)(小平市萩山団地仲間)村瀬・嶋田・山田・関・中西・清水   17

 初参加の小平市萩山団地の仲間を含め17名で高尾・草土山ハイキングをしました。晴天に恵まれ楽しい交流山行となり菅野雅夫さんも楽勝のペースでした。「なめこ汁・おしるこ・カップ」で昼食。高尾山口駅13時に無事下山し解散しました。みなさんお疲れ様でした。

 

2013年1月20日(日) 1月山行  奥武蔵・日和田山・物見山(375m)    小春日和の中をハイキング

ポカポカ陽気の日和田山山頂で

参加者:大久保・福原・加藤茂・谷藤・大須賀・石田・石井・阿曽・堀米・有賀  10

120日(日)午前750分に西武池袋駅に集合し805分発の快速で高麗駅に向かう。9時過ぎに高麗駅。駅前広場で準備体操して出発。先日の大雪もすっかり消えポカポカ陽気の中、日和田山を目指す。途中で無人販売所で干し大根、ごま、などを買いながら金毘羅神社鳥居1015分。都心のビルや富士山が眺められた。

 

日和田山には1030分。記念写真を撮り高指山を通って物見山12時前に到着。山間の景色を眺めていると道端に「蝋梅」が黄色い蕾みつけていました。多くの家族連れや若いハイカーがすれ違う。

 ヤセオネ峠分岐を下って高麗集落へ、途中、日当たりの良い林道脇で昼食。会長が用意した定番のポトフーを作り戴く体の心から温まる。

 予定の武蔵横手駅でなく高麗駅へ1340分に下山しました。14時過ぎの電車に乗って飯能駅へ出て各自最寄りの駅に向かい1月山行が無事終える事が出来ました。参加者の皆さん御疲れさまでした。2月はスノーシュー、高尾山を予定しています。多くの参加をお待ちしています。

 

2012年12月31日~元日     個人山行 丹沢・塔ノ岳・見晴らし小屋     初日の出に願い

初日の出に願い

1231日と元日に年越し「うたごえ喫茶」と初日の出を見に丹沢・見晴らし小屋に吉野夫妻と大久保会長がいってきました。31日に水無川(戸沢)登山口から新大日岳、塔ノ岳を登り吉野夫妻と見晴らし小屋で合流。50名前後の参加者で若日頃の青春歌、山の歌などアコーデオンに合わせ歌いました。お酒は飲み放題、年越しそばや豪華な料理も沢山でました。

 元日には午前6時過ぎの初日の出を小屋のベランダから拝みました。その後「もちつき」が始まり10種類以上の味付けを味わいました。私はワサビ、ウニ、大根おろし、が特に美味しかった。

 10時前に吉野夫妻と別れ小屋を後にし塔ノ岳に向け登山開始。源次郎小屋から昨日登った登山口を目指し下山。穏やかな日和の丹沢を存分に味わう事が出来ました。大倉尾根は大勢の初日の出登山者で賑わっていたが、水無川の林道はほとんど登山者に会わず静かな正月登山となりました。  

 

  あけましておめでとうございます

 

   皆さまのご健康とご多幸をお祈りいたします

  本年もどうぞよろしくお願もうしあげます。

 

         2013年元旦    会長:大久保清次

会員の皆さん良いお年をお迎えのことと思います。「こまくさ山の会」は皆さまに支えられ今年で創立35年目を迎える事が出来ました。楽しく安全に自然を歩きたい、四季折々を肌で感じ共有したいの思いを実現する為、この1年を頑張りたいと思います。引き続きのご支援、ご協力のほど宜しくお願いいたします。

 

師走の雨の中・陣馬山ハイキング 2012年12月17日(月)

  熱々の「なめこウドン」・「ポトフー」

 1217日(月)小雨の中、JR高尾駅午前915分集合。参加者は吉野さん、高野さん、有賀さん、石井さん、石田さん、土屋さん、大久保会長7名。駅前からバスで陣馬高原下バス停まで雨具やスパッツを付けて出発。師走の雨の中陣馬山まで1時間30分ほどで到着。程よい汗をかいて休憩所。さすがに山頂は寒い。早速、高野さんが用意した「なめこウドン」会長が準備した「ポトフー」作り、土屋さんは特性の「金網」で「お餅」「するめ」「ウインナー」料理。テーブルはまるで正月気分。お腹も満足した所で白馬をバックに記念写真を撮って下山開始。

 奈良子峠を通って明王峠イタドリ縦走コースから大平小屋、与瀬神社に下山JR相模湖駅に1555分到着。普通列車で高尾駅まで行き、特別快速で新宿駅。今回の山行は平日とあって年末の静かな山歩きが出来ました。みなさんお疲れさまでした。

 

サルではわからんGPS講習会 24名参加  2012年12月12日(水)午後7時~9時 代々木ふれあい会館

     山道で迷わない優れ物GPS

1212日(水)午後7時~9時まで代々木ふれあい会館でGPSの講習会を行ないました。講師の灰谷和英さんによるブロテクターを使った解説はとにかく「凄い」の一言。GPSとはカーナビみたいなものかと思ったら違っていた。地図とコンパスを併用することでその実用性が発揮される。

こまくさ山の会からは大久保会長、加藤由美子、片岡佳子、土屋、菅野、谷原(OB)の6名渋谷山の会ウルスカデイその他18名。早速、「会」でも1台位買ってほしいとの要望も出されています。現代の情報化社会に敏感に反応し安心して山歩きが出来ればと思っています。サルではわからんGPS!使いこなそう!