2014年 №363 11月号

  秋山合宿 10月11日(土)~12日(日) 1泊2日 谷川岳・利根川源流・湯の小屋温泉 紅葉狩り・温泉入浴コース

秋晴・紅葉と谷川岳

参加者:大久保・吉野・土屋・大須賀・藤岡・米山・阿曽・堀米・・・8名

 1011日(土)大須賀・土屋さんの車で立川を午前8時出発。水上、湯ノ小屋に13時過ぎに着いた。利根川水源地、照葉峡に紅葉と渓谷を見にドライブ。真っ青な空と紅葉が楽しめた。宿への帰りに山ブドウを見つけ沢山採りました。

 翌日は谷川岳を目指しロープウエーで天神平、大勢の登山客で賑わう山頂に11時登頂。秋晴れに恵まれ360度の眺望。苗場山、尾瀬、越後の山々を充分に堪能し下山。温泉で汗を流し帰京。参加者のみなさんお疲れ様でした。例会で写真公開します、お楽しみに・・・・!

2014年9月22日(月)~24日(水)  2泊3日 北アルプス・穂高岳縦走  秋晴れに恵まれに 念願かなう(大久保・高野)

涸沢岳(3,110m)山頂

屏風岩コルから涸沢の紅葉

 9月22日(月)上高地・小梨平で大久保会長と別れ、明神池を通り、1420分に徳沢キャンプ場に着く。林の奥まった所を選びテントを設営、少し落ち着いたところで地図を見ながらウイスキーを飲みながら一人で乾杯、16時テントに入り就寝。

 9月23日(火)台風のの影響がありそうなので予定変更。今日は涸沢までテントを上げるつもりいたが、早目の行動をする為、徳沢へテントを張りっぱなしにしておき、標高差1,500mの穂高岳山荘を目指す。徳沢を6時出発、本谷を通過すると色付きはじめた紅葉が現れ北穂が見える。今日は雲ひとつない、ドンピカの青空、涸沢945分着。前穂、奥穂、北穂をじっくり望め写真を撮り大休止。1020分出発n石畳を通りザイテングラードに取着く、数日前、滑落事故が有りザイルが張ってある。岩場を通過しマイペースで歩き穂高岳山荘1250分着。

 大久保会長の方が先に着いていると思ったが居ないので山荘前のテラスで靴を脱ぎザックを枕に昼寝をする。ウトウトしていると”高野さ~ん”の声、奥穂の下り梯子の所に会長の顔。40分遅れで到着、山荘で受付を済ませ休憩後、涸沢岳をピストン。山頂ではブロッケン現象を見ることが出来た。山荘に戻り広場前でビール、ウイスキーで乾杯。

 9月24日(水)の記録は大久保会長を参照。

 個人的な話 

 ①大久保会長との2人の山行、耳が遠い会長、話しかけても返事が無いので、とても静かな山行になりました。②この年でテントを張るとは思っていませんでした。(意味深な表現)③日本には3,000m以上の山は21座あるそうです。ちょっと気になっていた山、涸沢岳(3,110m)に登り21座になりました。

 山行珍事

ボケた会長。231316分、会長からメールが入る。『今、西穂山頂、20分程で山荘に着きます』、何で西穂なの?大丈夫、気は確か会長!? ②細身のネパール人。梓川沿いの道を歩いていると色黒の青年が写真を撮っています。何処の国ですか?と聞くと、ネパールですとの事、ナマステと挨拶し、今年アンナプルナ行って来たと言うと、私はエベレストです。ビックリして握手すると、ベースキャンプと言います、私もアンナプルナA,,Cと言うと、お互いにお笑い、冗談の通じるネパール人でした。(山酔人 高野肝炎・記)

山テツの  かんたん  レシビ ⑥ 

さんま・今でしょ

◎秋刀魚が美味しい季節です。

 ◎最近はスーパーでも簡単に

  三枚におろしてくれます。

<作り方>

◎二分にして塩を振って15分おき、水気を拭く。身 に粒マスタードを塗る。

◎大根は4㌢の千切りにして、秋刀魚に巻き楊枝で 止め、小麦粉を振ってオリーブ油で焼く。

◎サラダ菜を敷いて盛り付け、レモンかすだちを絞 って食べる。秋の夜長に熱燗でもビールでもワイ ンでも合います。       (山本徹司)

2014年 №362 10月号

2014年9月14日(日)                              日帰り奥武蔵・武川岳(1,052m)                奥武蔵の静かな山歩きコース 歩程3時間・温泉入浴 久々の晴れ間 奥武蔵・武川岳山頂で

 参加者:大久保・吉野・大須賀・藤岡・米山・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5

 9月14日(日)午前715分、西武池袋駅に初めて参加の米山さんと大久保会長が集合。吉野さん、藤岡さん、大須賀さんは飯能駅に815分集合。大須賀、藤岡さんの乗用車2台で秩父へ向け出発。横瀬駅で休憩して武甲山の裾野をぐるりと周り表参道登山口に10時到着。

 妻坂沢を登り11時前に妻坂峠。そこからは尾根筋に登って武川岳(1,051m12時登頂。「なめこ汁」を作り昼食。山頂はあまり見晴らしが効かない。記念写真をとって下山を開始し車の場所には13時過ぎに到着。

 秩父方面へ向かう車の渋滞を尻目に私たちは飯能方向へ走り「休暇村奥武蔵」温泉で汗を流す。連休中でしたが温泉は空いていた。初めて参加した米山美保子さんも大満足。

 11月の交流山行(関八州・見晴らし台)も温泉をベースに考えています。会員のみなさんが気軽に参加できるよう計画します。

2014年8月26日(火)~29日(金)  3泊4日 日光・滝巡り→戦場ヶ原→男体山へ キツかった! がんばった! 男体山(2484m)

参加者:高野、大久保、石田、堀米、有賀、片岡

 すっかり日光とおなじみになった年金班の夏山合宿。パッとしない予報だったが東武浅草駅に着く頃には本降りの雨になっていた。

 1日目は重い荷物を背負って、滝巡りから戦場ヶ原散策。雨に映えるホザキシモツケのピンク色があざやか。水量の増した湯滝は豪壮に飛沫をあげていた。

 2日目も雨の中を「切込湖・刈込湖」「涸沼」散策。光徳牧場で一休み、アイスや牛乳をいただき宿へ戻った。堀米さん推奨の「おおるり山荘」は源泉掛け流し、夜食はバイキング、1時間飲み放題。しかも安いのが嬉しい。

 3日目、ようやく晴れ間が見え、意気込み高く「男体山」に向った。915登山開始。いきなりの急坂を3合目まで歩き、4合目までは車道歩き。7合目あたりからガレ場の急坂が続き息を切らして8合目で小休止。下りが苦手な私はここから引き返そうかと思ったが、大久保会長はじめみなさんに励まされ頂上へ。1330頃到着。有賀さん調達のカップラーメンでお昼をいただいた。

 休憩後、急なガレ場を夢中で下り、5合目からは休みなしでバス停に1715頃到着。事故もなく無事下山することができ、感謝の気持ちでいっぱいです。

 4日目は、さすがの山男、山女も「もう登るのはたくさん」と予定を切り上げ帰路につきました。年金者のみなさま、ありがとうございました。 (石田記)

キツイ! 男体山を登りきり

雨の切込湖・刈込湖・涸沼

湯ノ湖から流れ落ちる湯滝

戦場が原に咲く「ホザキシモツケ」

 

山テツの  かんたん  レシビ  ⑤

ゴーヤジュース

<材料>2人分 

     ◎ゴーヤ バナナ 牛乳 

<作り方>

◎ゴーヤの4分の1をタネとワタをスプーンで取り除き、薄切 りする。

◎バナナは輪切りする。

◎ミキサーに入れ、牛乳適量を入れてあえる。

◎残暑厳しい時に、冷蔵庫で冷やして、爽やかで 美味しいでしょう。 

                (山本徹司)

2014年 №361 9月号

2014年8月3日(日)~9日(土) 6泊7日 記録 東北遠征 日本百名山の旅 森吉山(1,454m)岩木山(1,625m)八甲田山(1,585m)八幡平(1,613m)早池峰山(1,917m) マタギの里・阿仁(秋田)森吉山

 参加者:大久保・高野・土屋・山本・鴫原 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5

 83日から8日まで56日で東北の山、森吉山(秋田)・岩木山(青森)・八甲田山(青森)・八幡平、早池峰山(岩手)を5名で行ってきました。初日はマタギの里・森吉山キャンプ場に泊り翌日は森吉山登山。下山後は移動して鰺ヶ沢キャンプ場泊り、次の日は酸ヶ湯から八甲田山登山。キャンプ場に連泊。夜半から大雨警報。翌日は岩木山は中止し八幡平へ変更。大雨の中峠を越え早池峰山登山口タイマグラキャンプ場へ連泊。その間に早池峰山登山。天候にはあまり恵まれませんでしたが、念願の思いを達成する事が出来ました。

  2014年7月23日(水)・24日(木)  1泊2日 富士山 奥庭→御中道→5合目へ 原生林に覆われた富士講の「本道」

山テツの  かんたん  レシビ  ④

 

いもなます

 <材料>4人分 ◎じゃがいも(400g

 皮をむいてタテに薄切りし、細切り、

 水にさらす(数回)ザルに上げる

 <作り方>

◎フライパンにサラダ油(大2)、タカのツメ(種を取り輪切 り)を入れ。中火でジャガイモを炒め、酢(大2)を入れ、 砂糖(大4)と塩(小1)で味を調え、汁気が無くなるまで 炒める。

◎蛇足ですが、長野県野沢温泉地方で冠婚葬祭の時に作るそう です。シャキとした食感と白さが美しく食欲をそそる一品で す。                   (山本徹司)

 7月23日(水)午前7時20分、JR新宿高速バスターミナルに、参加者5人集合。7時40分出発、奥庭に9時40分到着。順備体操をし、5合目に向け10時登山開始。少し坂道を登るとよく整備された御中道に入る。富士山のすそ野を歩いていることに感動しわくわくする。

 思いがけずシャクナゲが群生しており喜びも倍加、途中「紅花一薬草」の可憐な姿にも出会うことができた。花を愛でるうち、1120分5合目に到着。

 1時間ほどランチタイム、1220分出発。1合目1440分着、間もなく馬返し1450分着。タクシーで「やまみち荘」へ。

 いつ来ても富士山を一望できる宿「やまみち荘」では、夜になると5合目から8合目にオレンジ色の流れが見えた。夜っぴて行進する登山者のライトだ。

 7月24日(木)7時に食事をとり8時出発。宿の奥さんに車で登山口まで送って頂く。三国峠9時05分着。大きく広がる富士山の眺望にしばし見とれ9時30分出発。切り通しを通過、長い樹林帯の下りでは「バイケイソウ」がなぐさめてくれた。

 1150分「石割りの湯」着。2日間の疲れを流し帰途につきました。新宿1730分着、その後の激しい雷雨にあった方は大変でしたね。(石田・記)

富士山5合目へ御中道を行く

富士山をバックに明神山で

強風を突いて八甲田山 岩魚刺身・塩焼きに 霊峰の早池峰

2014年 №360 8月号

2014年7月13日(日)       日帰り 大菩薩・鈴庫山(1,600m) 山梨・塩山駅・柳沢峠~三窪高原コース

個人山行

日光・千手ケ浜・霧降高原春     高山植物(クリンソウ)・(ニッコウキスゲ)  6月25日(水)26日(木)   参加者・高野・石田・堀米・有賀・石井・大久保

参加者:大久保・土屋・谷藤・藤岡・阿曽 ・・・・・・・・・・・・・・・・5

 7月13日(日)朝、8時に立川駅北口伊勢丹前に集合。土屋さんの車で青梅街道を奥多摩へ向かう。奥多摩湖を通って丹波村(道の駅)で休憩。柳沢峠駐車場1,480m1045分到着。曇り空ながら雨は持ちそうだ。柳沢ノ頭まで40分。ハンゼノ頭分岐まで15分。東屋を通って山梨県100名山、鈴庫山に13時。記念写真を撮って先ほどの東屋まで戻り昼食。6月上旬から下旬にかけてレンゲツツジが見頃とか、残念ながら花は終わっていました。柳沢峠まで下り大菩薩の湯温泉で汗を流しサッパリ気分で7月山行を無事終えました。秋には紅葉と温泉巡りも「いいね」。

625日(水)26日(木) 

 参加者・高野・石田・堀米・有賀・石井・大久保

625日(水)・26日(木)12日で日光へ行ってきました。1日目は東武浅草駅に6時50分集合し710分の電車で日光駅へ向かう。駅前からバスで赤沼で下車、低公害バスに乗り継ぎ中禅寺湖の千手ヶ浜で「クリンソウ」の群生地を散策しました。途中、雷や雨に会いましたが、宿泊地「湯元・おおるり山荘」に無事到着。温泉で汗を流し楽しみの夕食。バイキング料理に酒は飲み放題…最高!!

 

2日目は霧降高原へニッコウキスゲを見に登山。日光・湯元温泉街を散策して一旦、JR日光駅に戻り霧降高原ゆきのバスに乗って高原へ。ニッコウキスゲは時期的には少し早かった。丸山登山は長い階段を登り山頂へ。昼食・記念写真を撮って下山。バス停手前の登山道で転倒のアクシデントが発生。

 

 下山時の事故は他人事ではありません。今後の教訓に生かしていきたい。

2014年7月23日(水)・24日(木)  1泊2日 富士山5合目~1合目を歩く

原生林に覆われた富士講の「本道」

集合場所:集合時間 723日(水)JR新宿駅西口高速バスターミナル 午前720

:23日:富士山5合目(スバルライン)5合目(佐藤小屋)3合目馬返し中の茶    屋富士浅間神社やまみち荘(泊)(5時間)

    24日:やまみち荘三国峠明神山切道峠石割の湯平野バス停新宿(3時間)参 者:CL・高野 SL・石田 有賀 堀米 大久保 その他

山テツの  かんたん  レシビ  ③

宝石トマトサラダ

<材料>

 ◎トマト すし酢 塩 紫玉ねぎ 香菜

<作り方>

◎トマトを湯でむきする(トマトのヘタ)をとり、沸騰したら1分ぐらいで取り出す。熱が冷めたら皮をむき、横半分に切り、隠し包丁を十字に入れて食べやすくする。

◎紫玉ねぎをみじん切りにして、ポールに入れ、すし酢適量と塩少々に30分ほど漬け、トマトに盛り付ける。あればバジルなど香菜を乗せ彩りをつくり、白い皿や小鉢がきれいで季節感が出る。爽やかな味がビールにも合う。(山本徹司)

2014年 №359 7月号  

2014年6月1日(日)クリーンハイク 美しい自然を守ろう 奥多摩・愛宕山コース

参加者:(こまくさ山の会)吉野・大久保・福原・川上・谷藤・中元(英)・中元(ま)・

             照屋(多)・照屋(ひろき)・ミグマル・ドルジ・・・・・・・・・11

    (ウルスカデイ―)野中・笹木・石飛・伊藤・戸田 ・・・・・・・・・・・・・・・・5

 61日(日)快晴に恵まれた奥多摩駅に参加者16名が10時集合。今回のクリーンハイクのコース・注意点を確認し初参加者の自己紹介をして各自ゴミ袋、軍手、ハサミを持って愛宕山を目指し出発。愛宕神社への急な階段を登り11時到着。奥多摩集落までゴミ拾いをおこないながら氷川神社下の河原に12時過ぎ着き、町役場ゴミ収集場に運び計量・分別しました。


隣の家族連れグループも加わり撮影

そーめん・焼きそば・野菜炒め大好評

河原で交流会、そーめん・焼きそば・野菜炒めが大好評でした。冷たいビールを飲みながら楽しいくお腹中いっぱい食べました。料理の量が多くて隣のグループにも「御すそ分け」をしました。

 今回初めてクリーンハイクに参加した川上さん、中元まちこさん、照屋多賀子さん、ひろき君、ネパールからミグマルさん、ドルチさん本当に有難うございました。また、ウルスカデイ―の仲間のみなさん御疲れさまでした。来年も行ないます。美しい自然を大切に守っていきましょう。

ゴミ回収

 

可    燃・2,6kg

 ペットボトル・200g

 ビ    ン・650g

 カ    ン・550g

 

 合    計 4kg



照屋親子とシェルパ・ミグマル、ドルチ

2014年6月20日(金)・21日(土)・22日(日)  2泊3日 御座山(2,112m) 山元茂昭(捜索活動)報告  

 2010620日に御座山へ登山したまま行方不明の山元茂昭さんを捜しに元職場の同僚・後輩・当会員の7名で御座山へ行ってきました。(大久保・高野・吉野・谷原・須崎・佐藤・山本)

 情報収集のため地元交番・遭対協・民宿・役場を訪問しました。また、登山口周辺や捜索の看板の確認を行ないました。詳しい内容は次号で報告します。(右写真最後尾は白馬雪渓での山元さん)

山テツの  かんたん  レシビ ②

アスパラの

    豚肉巻き

<材料>

 ◎アスパラ ◎豚肉(牛肉でも可)

◎豚肉薄切り(牛肉でも可)、塩・こしょう

  ◎トマト2個、めん汁または味ポン酢(適量)

 

<作り方>

    スパラは真ん中あたりからピーラ―で皮をむく。太い場合はタテに切れ目を入れる。 ②肉は広げて、塩、こしょうを振る。アスパラの頭を残して肉を斜めにしっかり巻き付ける。フライパンにオリーブ油少々で並べ入れる、焼き色がつくよう回し焼く。御酒を入れて少し蒸し焼く。 ③フライパンを綺麗にして、めん汁を適量と水少々入れ細かく刻んだトマト入れて煮込む。二分したアスパラにかける。ワインにもバッチリ合います。(山本徹司)

2014年 №358 6月号

2014年5月10日(土)・11日(日) 12

春山合宿・伊豆・天城山(1,405m)

 

新緑のブナ林・ヒメシャラ・シャクナゲ群落

参加者:吉野(広)・山本・大久保・大須賀(豊)・藤岡・土屋・片岡(民)・小島 8名

5月10日(土)新宿駅西口・スバルビル正面に午前10時に集合し東名高速で伊東駅に向かう。途中で昼食を取って富戸駅・「うおはま」民宿に15時前に到着。早速、城ヶ崎海岸へ散策、絶壁に打ち寄せる波と松林を1時間30分ほど楽しみ宿に帰り温泉に浸かる。夕食後は遅くまで宴会をしました。

 

 11日(日)5時起床、朝風呂に入り朝食。天城山に向け7時出発。登山口815分に歩きだし万二郎岳930分、山桜や石楠花の尾根を通って万三郎岳11時登頂。昼食。写真を取り下山。

2014年3月9日(日)~26日(水)  18日間 (連載3)

ネパール・アンナプルナ内院トレッキング

 

青空と白い峰々・緑の木々にシャクナゲ

アンナプルナBCで会長と堀米さん   シェルパ・ダンプさん家族と

 

39日から26日まで18日間のネパール・アンナプルナ内院トレッキングを「こまくさ山の会」会員の皆様やシェルパ・ミグマル君のご支援、ご協力で無事終えるが出来ました。今回は2011年のエベレスト街道トレッキングに続いて2回目でした。

 

 シェルパ・ダンプさん宅の温かい「おもてなし」やネパールの大自然・大らかな人柄、何よりも子供逹の笑顔がとても印象的でした。今では忘れ去られた日本の家族愛やのどかな田園風景がここネパールで生き続けていました。

山テツの かんたんレシビ ①

新じゃがいも

カリカリチーズ焼き

<材料>4人分

◎新じゃがいも(中)3

◎A(卵1個、ビザ用チーズみじん切り(100g)、パセリみじん切り、薄力粉…各大さじ3、塩。こしょう少々、◎バター30

<作り方>

    ゃがいもは、なるべく細かく千切りする

ボウルにAとともにいれて混ぜる。②フライパンにバターを弱火で温め、①を入れて広げる、火を中火にして平らにし、フタをして両面をこんがり焼く、③食べやすく切ってトマトとパセリを添える。ビールのつまみにぴったりです。

2014年 №357 5月号

2014413日(日) 日帰り 

秩父路・鐘撞堂山(330m)

 

お花見山行・静かな山奥、円良田湖の桜並木

参加者:中元(英)・中元(ま)・吉野(広)・吉野(ま)・菅野(雅)・菅野(眞)・山本

    高野・大久保・大須賀(豊)・大須賀(和)・阿曽・加藤(道)・曽我・谷藤・藤岡

    土屋・片岡(民)・片岡(佳)                    19

 

413日(日)恒例のお花見山行を秩父・寄居を19名参加で行ないました。当日は快晴に恵まれお花見日和となりました。山桜が満開の鐘撞堂山・円良田湖・少林寺をハイキングし、お昼過ぎに高野さんのお姉さん宅のお庭をお借りしてお花見会。中元さんと河西さんの結婚を祝う催しも兼ねて大いに盛り上がりました。料理は焼きそば、焼き鳥、イカ、山本チーフが腕によりをかけて作ったチーズ&アスパラが好評でした。

2014年 №354 2月号

2014112日(日) 日帰り                     高尾・城山(670m)

 

小春日和の初山歩き

参加者:大久保・高野・山本・加藤(茂)・石田・石井・阿曽・小島。ミグマル・ドルジ                 10

 

今年、初の山歩きは高尾・城山。JR高尾駅北口に午前9時集合。京王高尾山口駅に行った山本さんや少し遅れてきた阿曽さんを待って長蛇のバス停へ。40分発のバスに乗車し日影で下車。登山口で準備体操し初参加のシェルパー・ミヌマルさん、ドルジさんの自己紹介。登山口から少し行ったところから小川を渡って城山・北東尾根を登る。風もなく小春日和の陽射を浴びながらの静かな登山コースです。落ち葉を踏みしめ日影林道合流地へ、途中でツエルトを張って昼寝をしていた年配の男性は穏やかな日和でとてもいい気分だと話していました。

ポトフー・鍋料理に満足     前列右手ドルジ。ミグマル、ワインで乾杯

城山の山頂で楽しい食事

城山山頂には12時に到着。大勢のハイカーが昼食を取っていました。私たちはベンチを確保し昼食の準備を大久保会長が用意した食材でポトフ―・鍋料理を手際よく料理に取り掛かりお手伝いは、ネパールの現地シェルパー、シェルパー・ドルジ、ミグマルさんのガイドさんです。

 大きな鍋に熱々の野菜たっぷり「ちゃんこ鍋」・「人参・ジャガイモ・キャベツ・ウインナー」ポトフーが大好評でした。残りのウインナーはフライパンで炒め酒のつまみに。

 1時間程くつろいだ昼食後、記念写真を撮って高尾山へ目指し出発。一丁平を通って尾根コースを高尾山へ2時到着。薬王院の表参道コースを参拝しながら下る。ネパールの仏教と同じ宗派のミグマル・ドルジさんは賽銭をあげ熱心にお祈りしていました。

 参拝客で賑わう参道を迷子にならないよう注意しながら蛇滝コースを下る。途中、水行場山籠所(修験場)を通って湯の花梅園へ。小川沿いをハイキングコースに沿って高尾山駅に向かう。2月~3月は梅の見頃で大変賑やかなコースです。

 市外地に出て京王線高尾駅とJR高尾駅の分岐、ここで1月山行の高尾山・城山ハイキング無事解散。

 JR高尾駅組は15分程で駅に到着しました。午後411分発の快速電車で帰京しました。

 

 参加者のみなさん大変お疲れさまでした。今後とも宜しくお願い申し上げます。

2014年3月9日(日)~26日(水)  18日間 (連載2)

ネパール・アンナプルナ内院トレッキング

 

青空と白い峰々・緑の木々にシャクナゲ

アンナプルナBCをバックに               ジヌ―の渓谷・露天風呂

39日に成田を出発しカトマンズに着いてからは順調にトレッキングを重ねることが出来ました。11日はカトマンズからポカラに飛行機で移動し2時間程歩いてポタナで宿泊。

 12日にジヌ―(ナマステホテル)到着。翌日はホテルから2030分かけ渓谷に下りて露天風呂入浴。美人の外国人女性と男性45名が入っていました。少し温目でしたが「目の保養と疲労回復」にとても効き目がありました。

 

 13日はシヌワ、14日はデウラリと連泊し、マチャプチャレBCに近ずくに従い雪道となる。テラスで少し休憩をしてアンナプルナBCを目指す。標高は4,000mを越え完全な雪山に足取りは鈍くなる。照りつける陽射と残雪の照りっかえしに遭いながら315日昼過ぎに念願のアンナプルナBC(4,130m)に到着しました。

2014年2月7日(金)  こまくさ山の会 

                   第36回総会

 

           楽しく 元気に 仲間と山歩き

 

参加者:大久保・吉野(広)・高野・福原・藤岡・山本・加藤(茂)・石田・石井・阿曽・堀米・菅野(眞)・片岡(佳)・土屋・吉野(ま)・有賀                                                         16

36回総会が27日(金)午後6時から代々木ふれあい会館2階和室で会員16名の出席で開催された。はじめに大久保会長の挨拶と議案説明が行なわれました。

 昨年度は事故もなく合宿や月例山行がおこなわれた。今年度も安全で安心して参加できる山行をめざします。又、新入会員を迎え会の活性化を図ることを確認しました。その後、会計と監査報告が行われ、新役員の選出が全員の拍手で承認され無事総会を終えました。

 

 総会終了後は時間のゆるす会員でオードブルを囲んで交流会を行ないました。2014年度の個人山行や農業体験計画、スノーシューなど多くの話題に花がさきました。3月にはネパール・アンナプルナ内院トレッキングや国内では1週間をかけて月山・白神山・岩木山・八甲田山なども計画されています。時間と体力のゆるす会員の要求実現に向け今後とも「会」として努力していきます。みなさんのご協力を宜しくお願いいたします。

2014年3月2日(日) 日帰り 2時30

箱根・金時山1213m)

夕日の滝から金太郎伝説の山

 日  時:2014年3月2日(日)

 集合場所:小田急線新宿駅南口改札口

 集合時間:201432日(日)午前730

 交  通:小田急線新宿駅(ロマンスカー午前900発)箱根湯本駅午前1025分着

      (バス・10分間隔)仙石 行き

        仙石(バス)小田原駅新宿駅(220分)帰り

 コ ス:仙石原・金時山登山口(030)~矢倉沢峠(045)~金時山(025

      ~矢倉沢峠(020)~仙石バス停~箱根湯本小田原新宿駅

 持 物:雨具・水筒・スパッツ・防寒具・懐電・地図・昼食・手袋・ストック軽アイゼン

      (箱根湯本で温泉入浴)

 ●前回のお知らせ後、集合時間・コースの変更をしました。確認の上参加してください。

2014年3月9日(日)~26日(水)  18日間 

ネパール・アンナプルナ内院トレッキング

青空と白い峰々・緑の木々にシャクナゲ

メンバー:大久保・高野・山本・堀米・(セルパ・ミグマル)

 39日(日)成田発午前1030クアラルンプール乗換

 310日(月)カトマンズ カパン(ザンプさん宅)(泊)

 311日(火)カトマンズポカラダンプス(泊)

 312日(水)ダンプスランドルン(泊)

 313日(木)ランドルンチョムロン(泊)

 314日(金)チョムロンヒマラヤホテル(泊)

 315日(土)ヒマラヤホテルマチャプチャレBC(泊)

 316日(日)マチャプチャレBCアンナプルナBC(泊)

 317日(月)休養日・アンナプルナBC(泊)

 318日(火)アンナプルナBCチョムロン(泊)

 319日(水)チョムロンタダバニ(泊)

 320日(木)タダバニゴレパニ(泊)

 321日(金)ゴレパニテイルケドゥンガ(泊)

 322日(土)テイルケドゥンガナヤプル(車)ポカラカトマンズ(泊)

 323日(日)予備日(観光・休養日)(泊) 

 324日(月)予備日(観光・休養日)(泊)

 325日(火)カトマンズ2350分発クアラルンプール乗換

 326日(水)成田着1830分 帰国

2014413日(日) 日帰り 235

秩父路・鐘撞堂山330m)

お花見山行・静かな山奥、円良田湖の桜並木

日  時:2014413日(日)

 集合場所:東武線池袋駅改札口

 集合時間:2014413日(日)午前830

 交  通:東武線池袋駅寄居駅(140分)行き

      寄居駅東武線池袋駅(140分)帰り

 コ ス:寄居駅~大正池~馬騎ノ内~鐘撞堂山~円良田湖~少林寺~寄居駅~池袋駅

 持 物:雨具・水筒・スパッツ・防寒具・懐電・地図・昼食・手袋・ストック・・・等

 交 会:飲物・焼きそば・おでん

2014年5月10日(土)・11日(日) 12

春山合宿・伊豆・天城山1,405m)

新緑のブナ林・ヒメシャラ・シャクナゲ群落

 

日  時:2014510日(土)

 集合場所:JR東京駅・9番線ホーム

 集合時間:2014510日(土)午前830

 乗車電車:踊り子号105号・東京発午前900三島駅1040修善寺駅1106

 交  通:510日(土)JR東京駅三島駅修善寺駅 行き

      511日(日)天城高原ゴルフ場(バス)JR伊東駅東京 帰り

 宿  泊:伊豆長岡駅(おおとり荘)055(948)1095

 コ ス:1日目:伊豆長岡駅~葛城山(ロープウエー)~伊豆修善寺駅~おおとり荘(泊)

      2日目:修善寺駅(バス)~天城峠~八丁池~白田峠~戸塚峠~片瀬峠~万三郎岳          ~万二郎岳~登山口~天城高原ゴルフ場~伊東駅

 費  用:交通費(往復)(踊り子号)8,040円 その他バス2,000

      宿泊費:12食 7,650

 個人装備:雨具・水筒・スパッツ・防寒具・懐電・地図・行動食・手袋・着替え・洗面具・      携帯・タオル

記録的な大雪のため山行を中止しました

29日(日)三浦・鷹取山              

215日(土)・16日(日)群馬・玉原高原スノーシュー

伊那・山菜採り農業体験 参加者募集中

 土屋さんの実家&野焼き作業

 20145月~12日(予定)

 野焼き・山菜採り・天ぷら料理

 

 詳しくは後日計画書

   新年あけましておめでとうございます

             本年も宜しくお願い申し上げます

 

                 元気に楽しく山歩き

会員のみなさま、新年あけましておめでとうございます。

 健康で元気に山歩きが出来るよう願っています。昨年、富士山が世界文化遺産に登録され、日本の自然美が脚光を浴びました。「会」としても会員の体力に合わせ、安心して気軽に参加できる山行計画を目指していきます。今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

 2014年 元旦       こまくさ山の会・大久保清次会長・役員一同

                         2014年  元旦

                丹沢・年越し山行

 

           見晴らし小屋から初日の出

 

(参加者)吉野広希・吉野ますみ・大久保・小島・鴫原            

     丹沢・塔ノ岳山頂  大倉尾根から丹沢山を望む

 

20131231日(火)小田急線渋沢駅午前8時過ぎバスに乗り大倉登山口へ。鍋割山後沢野乗越コースを二俣へ向け845分出発。稜線には雪が残って白く輝いている。風もなく小春日和。林道を歩いて1時間ほどで二俣。後沢乗越峠を越え鍋割山(1,272m)1215分到着。渋沢駅集合の「見晴らし小屋」年越しイベント参加の吉野さんに連絡する。

 稜線に10cm以上の雪が積もっている、雪道の鍋割山稜コースを注意しながら登り塔ノ岳(1,491m)1310分到着。山頂からは富士山や丹沢山魂、相模湾、房総半島が見渡せた。思ったより登山者が少なくのんびり出来ました。山頂を後に大倉尾根(馬鹿尾根)中腹の「見晴らし小屋」へ1600分到着。吉野夫妻、小島さんと無事合流。

 夕方から30名ほどの宿泊者による年越しイベントが始まる。「山小屋の灯・山男のうた・岳人・穂高よさらば・花・雪山讃歌・・・」アコーデオンとギターによる伴奏に合わせ12時のカウントダウンまで歌う。ビール、日本酒、ワイン、豪華な料理と「年越しそば」をいただきました。

 2014年元旦はベランダから初日の出を見て「会員の健康」を祈願する。「餅つき」が始まり10種類ほどの味付けで美味しくいただく。秦野在住の鴫原さんも駆けつけてくれた。

 

 私は再度大倉尾根を登り「堀山の家」から二俣林道へ下山。大倉バス停から小田急線渋沢駅12時の電車で無事年越し山行を終える事が出来ました。